インフォメーション

【重要】公演番号311 出演者及び曲目変更のお知らせ

ピアニスト 児玉麻里は、やむを得ない事情により出演できなくなりました。代わってピアニスト 広瀬悦子が出演いたします。これに伴い曲目も一部変更となります。
なお、他の演奏者に変更はありません。

公演番号311のコンサートをご購入済みの皆様、楽しみにされていた皆様に深くお詫び申し上げます。広瀬悦子の演奏を是非お楽しみいただけましたら幸いです。

hirose_(c)Stéphane-Barbery_320.jpg
<写真:広瀬悦子(c)Stephane Barbery>


<ルネ・マルタンから皆さまへ>
私が悦子を発見したのは、6年前のことでした。彼女の演奏を聴いた瞬間に、その素晴らしい才能に魅惑されました。高度なテクニックと豊かな感受性を持ち合わせた素晴らしいアーティストで、ラ・フォル・ジュルネにも毎年出演していただいています。児玉桃との素晴らしいデュオで、色とりどりの舞曲の世界を繰り広げてくれることでしょう。

ぜひ家族みなさんで楽しんでいただきたいコンサートです。

ルネ・マルタン


【変更後の公演内容】
公演番号311 4月30日(日曜)11:15~12:00 コンサートホール

≪出演≫
児玉桃(ピアノ)
広瀬悦子(ピアノ)★

≪プログラム≫
ブラームス:「ハンガリー舞曲集」から 第1番・第2番★・第3番・第4番★・第5番★・第6番
ドヴォルザーク:「スラヴ舞曲集」から 第1番・第3番★・第8番
チャイコフスキー/ドビュッシー:バレエ音楽「白鳥の湖」(2台ピアノ版)からロシアの踊り、スペインの踊り、ナポリの踊り★

※★は変更点

<広瀬悦子について>
1999年マルタ・アルゲリッチ国際コンクール優勝。01年デュトワ指揮N響と共演他、国内外のオーケストラと数多く共演。10年フランスでシューマンのピアノ協奏曲をN.フレイレの代役で演奏し成功を収めた。コロムビアミュージックエンターテインメントや、フランスのレーベル「MIRARE」からCDがリリースされている。